過払いの請求で和解を受け入れるかどうか

バナー

過払いの請求で和解を受け入れるかどうか

過払いの請求をすれば、業者側はほぼ確実に和解案を提示してくるでしょう。
その和解案はそれほど有利なものではない場合が多いようです。たとえば、過払いの6割を返還するというような和解案を提示してくることがあります。


かなり昔のことだから、それくらいで妥協しても良いと思う人がいるかもしれませんが、強気でいくのも良い方法です。交渉ごとはどこかで折り合いをつけた方が良いと考えるのは一般的な考え方ですが、過払いに関しては強気一辺倒でも良いです。

OKWaveが有名になってきました。

というのも、全面的に業者側が悪いからです。ですから、不利な和解案を提示されたときには、全額返還を求めていると強気で答えるのは良い方法です。

業者側も妥協をしてきます。

もしも話がこじれて和解が成立しなかった場合には、訴訟に持ち込むことになります。



訴訟をすれば、ほぼ勝つことができるでしょう。

ですから、請求した後に和解を受け入れる必要はないと考えられます。しかし、受け入れた方が良い場合もあります。

安心できるアイフルの過払い金情報が絶対見つかります。

過払いの請求には時間がかかることが多いです。

半年から1年くらいかかることも珍しくはありません。


それまで俟つことができない人もいると思います。

和解案を受け入れれば、全額を取り戻すことはできませんが、早く現金を手に入れられるというメリットがあります。

急いでいる場合にはこのような方法をとるのも良いと考えられますが、急いでいないのなら強気の姿勢で、全額を取り戻すことを考えた方が良いです。