消費者金融への過払い請求を専門家に依頼する場合には

バナー

消費者金融への過払い請求を専門家に依頼する場合には

過払い金返還請求は、特に平成18年度貸金業法改正により消費者金融に対して多く行われており、この請求自体は、当時高い金利で借入を行い返済を終了した債権者自らが債務者である消費者金融に対し請求権を行使することができます。
もっとも、法的な知識や裁判手続の準備等に時間や手間も要し、更に個人からの請求は消費者金融によって対応がまちまちである現状から、弁護士又は司法書士の法律の専門家に依頼される方が多くなっています。

そこで、専門家に依頼して過払い請求する場合には、押さえて置きたいポイントが3つあり、まず1つ目には大凡にもどの業者に幾ら払い過ぎているかを把握する点が挙げられます。
これは依頼先選びにも関連し、その基準として1社あたりの過払金が140万円以下の場合には地方裁判所ではなく簡易裁判所への訴えを提起することになる為、簡易訴訟も業務範囲とする司法書士に依頼することができます。



つまり、過払金の額によって弁護士若しくは司法書士の選択肢があります。

そして2つ目にはその依頼先選びに関し、何れも法律の専門家ではありますが、それぞれに得意とする分野があり、特に債務整理や現在では過払いを専門に扱う等消費者金融との遣り取りに慣れている事務所の方が手続をスムーズに進められる傾向にあります。


また3つ目にはその費用に関し、扱える訴訟金額等の違いから全般的に弁護士は高めの設定がされており、司法書士はこれより低く設定しているのが通常です。

togetterのことならこちらのサイトが便利です。

そして、その中でも依頼先によって1社あたりの費用や報酬、事務手数料などの設定が異なる為、予めよく確認して置くこともポイントとなります。

杉山事務所情報の豊富さで有名なサイトです。