過払いの請求にかかる期間

バナー

過払いの請求にかかる期間

過払いの請求をするのにはある程度の時間がかかります。

たとえば、引き直し計算をするためには取引履歴の開示を求めることが必要になるのが一般的です。

Yahoo!知恵袋に関する情報を公開中です。

ですから、それを取り寄せるためにも時間がかかります。



ある程度のまとまった期間は必要になるでしょう。

3ヶ月くらいが一つの目安だと考えておけば良いですが、これはケースバイケースです。貸金業者の中には時間稼ぎをしてくるものもあります。

知って得するアイフルの過払いに関する情報を紹介するサイトです。

そのために半年から1年くらいかかることもあります。

では、時間稼ぎをすることで貸金業者は有利になるのかというと、そうではありません。

時間がたてば、まだ受け取っていない過払い金に対して利息が発生して受け取れる金額が大きくなるのが一般的です。

ですから、時間がかかったほうが受け取る金額が大きくなると言えるでしょう。


ですから、時間がかかることによってデメリットは特にないと考えられます。

しかしながら、人によっては早くお金が欲しいという人がいるかもしれません。

できることなら今すぐにでも変換してほしいというのであれば、和解に応じるのは良い方法です。

たとえば、本来受け取ることのできる金額の9割で妥協するというようにすれば、割と早く受け取ることができます。
訴訟をすれば全額取り戻せるケースが多いですが、過払いの請求に時間がかかってしまうことが多いです。

時間をかけて全額を請求するのかどうかと言うのは、それぞれの判断で変わってきますから、時間を短くしたければ短くすることもできるのです。